学校で焼却炉を見かけなくなったワケ

学校で焼却炉を見かけなくなったワケ

不用品を燃やしてくれる便利な設備が焼却炉です。
一昔前までは、どこの学校にも焼却炉が設置されていたものです。掃除の時間に焼却炉に燃えるごみを投入して燃やして処分した、という経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
最近の学校には、焼却炉はほとんどありません。これは高温に達する設備のため安全性が問題視されたという理由と、環境保護によるダイオキシン規制という二つの理由が原因です。
焼却炉の燃焼温度が不十分な状態で物を燃やすと、環境汚染物質であるダイオキシンを排出してしまうため、旧型焼却炉のほとんどは使用が中止され、学校設備として新設されなくなっているのです。
現在では、環境基準をクリアした小型の家庭用焼却炉が販売されており、ダイオキシン排出に関しても問題無く使用できます。古い焼却炉を使用すると違法になる可能性があるので、注意してください。