借金の返済が苦しくなったら債務整理で負担軽減

借金の返済が苦しくなったら債務整理で負担軽減

借金の返済が苦しくなってきたと感じたら、債務整理を行ってみると良いかもしれません。

 

債務整理というと、一般的には自己破産のイメージが強いと思います。確かに自己破産は債務整理の種類の一つです。しかし、債務整理と呼ばれるものの中には他の手段も含まれています。自己破産しなくても借金の返済負担を軽減できる債務整理もあるので、返済生活が苦しくなってきてしまった際の手段として考えてみる価値はあります。

 

債務整理には4つの種類があります。任意整理、個人再生、自己破産、特定調停の4つです。この中で最も手軽なのが任意整理です。任意整理は裁判所を通さずに行うことが可能なので、債務者にとっては非常に気楽に選択できる手段と言えるでしょう。

 

任意整理では、借金の返済義務が帳消しになることはありません。そもそも任意整理は債権者との話し合いによって行われるものであり、自己破産や個人再生のような強制力を持たないのです。しかし優秀な弁護士や司法書士に依頼して任意整理を行えば、将来的な利息負担が免除されるケースがとても多いとされています。利息負担がなくなれば借金の返済負担も小さくなるので、完済を目指しやすくなります。

 

債務整理したい場合はお近くの弁護士などに相談すると良いでしょう。