火から照明への転換について

火から照明への転換について

私たちが住んでいる住宅には様々な工夫が施されています。
これは人々が生活していく中で知恵をつけてきた結果です。
どのようにしたらより生活が豊かになって便利になるのかを考えたわけです。

 

昔の人々は明かりと言えば火をたくことしかありませんでした。
ロウソクや松明を使って明かりにしていたのです。
このような時期が長く続きましたが明治時代になると日本でも電気が普及し始めるようになり、火に変わる明かりが使われるようになりました。

 

現在はその電気も住宅の中では当たり前のように使われていて、様々な照明として役立っています。
中でも間接照明というものは独特の雰囲気を演出してくれるものです。
間接照明はそれ自体は明かりとして不十分ですが、幻想的な印象を醸し出してくれます。