子供の家庭内暴力解決の相談窓口

子供の家庭内暴力解決の相談窓口

最近警察に対して、子供の家庭内暴力解決の相談が増えていると言います。子供の暴力に震える親は、藁をも掴む思いで、警察に駆け込むのですが、実は警察が大きな力になってくれることは少ないのです。

 

取り締まりが仕事である警察に、子供の心理カウンセリングが出来る人も殆どいないと言って良いでしょう。

 

解決の窓口となってくれるのは、主に不登校の親の会やフリースペースといった、子供たちと直に向き合ってくれる組織です。なかでも、小児科医や精神科医、発達障害カウンセラーの人がバックアップをしてくれる団体が望ましいです。

 

不登校の問題と家庭内暴力の問題は一見結びつかないように思えますが、深いところで共通点があります。その心理を探ることで、子供たちも落ち着きを取り戻せるのです。