手足口病をあまく見てはだめです

手足口病をあまく見てはだめです

手足口病とは、コクサッキーウイルスが原因となって起こる、ウイルス性疾患です。病名のとおり、手の平、足の裏やすね、口の中に水泡ができ、乳児や幼児が多く発症する疾患であるが、成人にも時々発症する人がいます。

 

夏に流行することが多いので、あせもと間違われることが多いです。感染経路としては、感染者からの鼻や咽頭からの分泌物、便などによる接触感染、飛沫感染もあります。

 

初期症状としては、発熱したり、咽頭痛、水泡などがあり、大体は1週間から10日ほどで完治します。しかし、抵抗力がない乳児などはまれに急性髄膜炎や急性脳炎を引き起こすこともあるので、十分気をつけてあげたいものです。

 

手足口病に効くワクチンはないので、普段から手洗いうがいの習慣を身につけ、感染しないようにしてあげましょう。