紫外線とお肌の関係を知って老化を防ごう

紫外線とお肌の関係を知って老化を防ごう

まず、先に述べたように紫外線を浴びるとメラニンを生み出すメラミサイトが肌の中に増えてしまい、そばかすやシミの原因になります。さらに紫外線は肌の奥にあるコラーゲンという弾力性のある線維にも悪影響を及ぼします。

 

紫外線がコラーゲンを固く弾力性のないゴムのような線維に変質させ、肌のハリは失われ、しわやたるみを招きます。また、肌がもともと持っている保湿成分も紫外線により保湿機能がダウンします。

 

つまり、紫外線は肌全体の老化につながるのです。このように紫外線とお肌には色々な関係があるので、季節を問わず紫外線からお肌を守る努力が必要になってきます。